トイレで5分以上入っていときに力んで入ってます?

それともゆったとしながらしていますか?

中々便がでないからと言って余計力むと便が出にくいです。

便の状態はとても大切です。

腸からのお便りですが、

便状態が内蔵、特に腸の状態を教えてくれています。

もし、

便を出すときにいつも「力んで」出していたらどうなると思いますか?

力むとは肛門をキュ!と閉める動作です。主に、骨盤底筋群を活用しています。

手で例えるとイメージがしやすいかもしれません。手にギュッと力を入れて動かすとバンザイがしにくいですよね?

肛門も同じです。

ギュッと力んでいると、腸の蠕動運動が上手くできず、ウンチが中々出ません。

交感神経も過剰になり、腸が動きにくくなります。

腸は副交感神経が優位になることで動きが良くなっていきます。

いつでもスルッと、心地よく出したい方は、

ギュッと締めるのではなく、

緩めながら出していくことです。

トイレは頑張る場所ではありません。

リラックスする場所です。緩めながら出していきましょう。

便が上手く出ない方は、

腸内環境を良くし、腸が動きやすいように

お腹を柔らかくしていく必要があります。

発酵食品や食物繊維を摂取することで、腸内環境を良くしていきます。

さらに、おなか周りの緊張を緩めることで、腸の動きを良くしていきます。

注意点としては、おなかを動かそうと筋トレをすること。筋トレは体の緊張を生みやすく、逆効果になること多いので気をつけましょう。

おすすめは、呼吸法や腸マッサージをしていくと、緊張が緩み、おなかが動きやすくなります。

詳しくはメルマガで、腸マッサージ法動画や発酵食品・食物繊維一覧などがありますので、ご覧ください。

日々の生活でする物事ほど、心やからだに与える影響が強いです。

少しずつでも整えていきましょう!

読んで頂きありがとうございました。今日も一日素晴らしい日になりますように☆


  様々な不調は、緊張から生まれていきます。

  1. 疲れや痛みが生まれないために必須な9つのステップ
  2. 丸まった猫背を3分で解消する気功動画レッスン
  3. 便秘になったときにおすすめ腸マッサージ動画
  4. 背筋を心地よくピン!とする気功レッスン動画

すべて、無料でご覧いただけます。
 

28 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

緊張をしている体と緊張してない体の違いは?

からだが緊張をしてしまうといつも疲れやすい、調子が悪いなどの症状が出やすくなる傾向があります。その緊張を解消しなくては根本的な改善は難しくなっていきます。 では、そもそも緊張している体としていない体は何が違うのでしょうか…
詳細はこちら
詳細はこちら

理想的な「便」は赤ちゃんのような「便」

理想的なよい便を一言で説明すると赤ちゃんのような便です。 赤ちゃんの便は健康的な腸内環境をそのまま反映すていることが多く、不快感の少ない甘酸っぱい匂いがします。 目次1 理想的な便のかたち2 理想的な便の状態になるために…
詳細はこちら