歩くとき、あなたはどこを見て歩いていますか?

 

前?下?上?

 

歩いているときの視線は一点を見ないことです。全体を俯瞰するように観ることが大切です。

 

車の運転もそうですが、一点だけを見ていると、そこにばかり意識がいき視野が狭くなります。

 

そうすると、転びやすくなったり、ぶつかり易くなったりします。

 

一点を見るのではなく、全体をぼんやりと眺めるように観ると視野が広くなります。よくわからない方は遠くを観ると良いかと思います.

 

もっと突き詰めたい方は、後ろにも目を持っていくとよいです。前に進みながらも後ろの状態を感じていきます。

 

イメージとしては360度を感知するレーダーのような感じです。(スポーツ選手など身体機能を高めたい方向け)

 

視野が広がると、危険を回避しやすくなるだけではなく、物事の考え方の視野が広がりやすくなります。

 

心とからだは繋がっています。心が変化すればからだが変化し、からだが変化すれば心が変化します。

 

歩くときに視界を広げることで、視野の広い考えができる心を養っていきませんか?

 

読んで頂きありがとうございます。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

足だけ動かず、からだ全体で動く

歩くとき大切なことは中心軸をつくることです。からだの中心時が安定していないと、からだがふらふらしたり、疲れやすくなります。中心ができることで歩きやすくなり、疲れなくなってきます。     では中心軸と…
詳細はこちら

地面は蹴らないように足の裏全体で捉えて歩く。

歩いているときにあなたは地面を蹴って歩いていませんか?   一般的なウォーキングなど地面を蹴るようにといわれることも多いですが、地面を蹴って歩くと太もも(大腿四頭筋の辺り)が常に緊張した状態になりやすく、ひざに負担がかか…
詳細はこちら

歩き方が原因で疲れて、体を痛めやすくなる

皆さんは普段どんな歩き方をされていますか?歩き方に気を付けて行っていますか? 毎日行う動作、歩き方により心とからだの状態は変化していきます。   足先だけで歩いていたり、肩に力が入りすぎる、太ももの筋肉(大腿四頭筋)が緊…
詳細はこちら

重力があるから立つことができ、動ける

あなたは重力を意識したことがありますか?   重力がないと立つことでもできないですし、歩くこともできません。   今、ここに大地に足をつけて立ったり、動いたりできるのは重力があるおかげです。   常に下に落ちる力が働いて…