歩くとき大切なことは中心軸をつくることです。からだの中心時が安定していないと、からだがふらふらしたり、疲れやすくなります。中心ができることで歩きやすくなり、疲れなくなってきます。

 

 

では中心軸とはどの部分をさすのでしょうか?あなたは中心軸と言われてどこをイメージしますか?

 

 

背骨?からだの真ん中を通る線?

 

 

よく色々な方が中心軸のことを話されますが分かったようでわからないのが中心軸です。

 

よく言われる、イメージする中心軸は頭頂部から両足の中心を結ぶ軸をイメージされるかと思います。

 

ここでは、歩いている時の軸について簡単にご説明いたします。

 

歩いてる時に下の写真のように足が先に出ていると太もも、股関節辺りが緊張しやすく、歩幅も狭くなります。(例外もあり)

歩き方 ✖

 

 

歩いているとき大切なことは、足だけが先に行くのではなく、体全体が前に進むこと頭から足の裏までが一直線になっていきます。

 

 

歩く ◎

 

足が先に行くのではなくからだ全体が前に進むことで、膝、腰、肩などの負担を軽くしてくれて楽に進みやすくしてくれます。

 

歩くことに限らず、どんな動作も全身が統一されて動かされていくことが大切です。部分の動きはからだのどこかに負担をかけていることが多いです。統一されて動くことで楽に動くことができます。

 

そして統一させて動くためには、姿勢整っていないと統一させて動くことは難しくなります。(統一して動いていないことにも気付かなくなる)

 

実際の中心が通る感覚はまた別なのですが、それはまたその内にお伝させて頂きます。

 

読んで頂き、ありがとうございました。

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

歩き方が原因で疲れて、体を痛めやすくなる

皆さんは普段どんな歩き方をされていますか?歩き方に気を付けて行っていますか? 毎日行う動作、歩き方により心とからだの状態は変化していきます。   足先だけで歩いていたり、肩に力が入りすぎる、太ももの筋肉(大腿四頭筋)が緊…
詳細はこちら

地面は蹴らないように足の裏全体で捉えて歩く。

歩いているときにあなたは地面を蹴って歩いていませんか?   一般的なウォーキングなど地面を蹴るようにといわれることも多いですが、地面を蹴って歩くと太もも(大腿四頭筋の辺り)が常に緊張した状態になりやすく、ひざに負担がかか…
詳細はこちら

脚の始まり

皆さん、脚はどこから生えているかと思いますか?   こう質問をすると多くの方は、鼠蹊部の辺り、股関節と答える方が多いです。   脚の始まりは筋肉で見た場合は、鳩尾の辺り(正確には胸椎12番)です。   大腰筋という筋肉が…
詳細はこちら

歩く前に姿勢を整える

歩くうえで大切なことは姿勢を整えることです。   姿勢が整っていない状態で歩いていくとからだのどこかに負担をかけ、疲れやすく痛めやすくなります。   猫背の状態で歩いていると、視線も下を向き転びやすく、首、肩が緊張した状…