皆さん、脚はどこから生えているかと思いますか?

 

こう質問をすると多くの方は、鼠蹊部の辺り、股関節と答える方が多いです。

 

脚の始まりは筋肉で見た場合は、鳩尾の辺り(正確には胸椎12番)です。

 

大腰筋という筋肉がありますが、上半身と下半身をつないでいる筋肉です。この筋肉が引き寄せられることにより脚が上がっていきます。

 

多くの方はここの筋肉をうまく活用できていません。

 

脚を上げる時も太もも(特に大腿四頭筋)を使用して無理に上げようとするので負担がかかりすぎて膝を痛めやすくします。

 

では大腰筋を鍛えれば脚の動きが良くなるのか?

 

どいうわけではありません。鍛え方は一般的にはコアトレーニングなど色々とありますが、筋トレのように緊張させて(力を入れる)筋肉を鍛えていく動作は、力を入れて動く癖が身に付きやすくなり、からだの動きや関節の動きを硬くしてしまいます。

 

脚の動きをよくするにはまず、股関節の動きをよくする必要があります。

 

筋力があっても動かなければ意味はありせん

 

歩くのに、お腹や脚の筋肉を鍛えようとする方がおられますが、まずは脚の動きを良くすることが大切です。

 

そのためには股関節を緩めていくことが必要になります。具体的な股関節の緩め方は次回お伝えします。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

股関節を緩める動作~写真・動画付き~

股関節の緩め方は色々とありますが、ここでは歩く前に簡単に出来る動作をご紹介したいと思います。 左右の動作です。青い矢印は力を入れる方向です。   右手で腰を押して、左の腰を押し出す。右足の内側が伸びるの感じまし…
詳細はこちら

腕は振らない。自然に任せて歩く

あなたは歩いているとき、腕を振って歩いていますか? 腕を意図的に振る歩き方は、肩が凝りやすくなります。それは肩に力が入りやすくなるからです。 よく一般的なウォーキングで腕を振って歩きましょう!と指導されてそのようにされて…
詳細はこちら

重力があるから立つことができ、動ける

あなたは重力を意識したことがありますか?   重力がないと立つことでもできないですし、歩くこともできません。   今、ここに大地に足をつけて立ったり、動いたりできるのは重力があるおかげです。   常に下に落ちる力が働いて…
詳細はこちら

足に合わない靴が慢性肩こりを生んでいる

現代病の一つである、外反母趾。靴を履く風習ができてから、増えてきた症状です。 親指が、人差し指の方へとよってしまう状態のことです。 靴は本当に、足の状態や体の状態に影響していきます。 目次1 靴を履いたことで、浮指が生ま…