歩いてすぐ疲れる。

歩幅狭い。

ダラダラ歩いている。

そういう方は
太りやすいかもしれません。

 

あなたは普段どのように歩いていますか?

歩き方は、お腹の状態に
かなり影響していきます。

 

多くの方が歩くときに
股関節から下、太ももの力を
入れて歩いてる方が

 

非常に多いです。

 

下記の記事でも書きましたが、
太もも(大腿四頭筋)は脚を
上げる動作をする筋肉ではなく、
膝を伸ばす動作をする筋肉です。

慢性的な症状を解決する3つの秘訣〜力を入れる動きの修正〜

ですが、多くの方は脚を上げるときも
太ももに力を入れて上げようとします

 

脚を上げる動作をするのは
大腰筋です。

 

太ももで上げると大腰筋が
活用されないため
お腹が全く動いていない状態が
続きます。

 

身体を動かすときには気血水が
めぐること動きますが、

 

お腹が動いて来ないと、気血水が
集まらないので、冷えやすくなっていきます。

 

脂肪は冷えている場所に付きますので
日頃からお腹が動いていないと
お腹に脂肪がつきやすくなります。

 

手は脂肪があまりついていませんが、
それは常に動いている状態だから
というのが要因の一つです。

 

実際の歩き方はこちらを
参考にしてみてください。

歩き方のまとめ

イマイチ、お腹の使い方がわからない方は
駅の階段などを一段飛ばしに
して登るというのもよいかと思います。

 

ただ、これも
太ももに力が入り過ぎないように
みぞおちのあたりから
引き上げるように行うか、

 

尾骨を内側に入れるようにして、
行うと太ももの緊張が
抜けやすいくなります。

ただ
姿勢の状態により
この歩き方では
うまく歩けない方も

いるので、

まずは姿勢を整え、
実際の動きを見ながら
修正しながらレッスンを行っています。

動きの修正を誰かにして頂く場合は
姿勢をしっかりと見れる方に
お願いすると間違いは少ないかと思います。

まずはこちらをしてみましょう。

http://kinokatachi.com/shiseimerumaga2016/

読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

膝が痛くなる方の動きの特徴

膝の痛みはご高齢の方に多いですが、 よく慢性的に膝が痛くなる方の動きとして どんな特徴があるかと思いますか? 一番多い癖としては 太もも(大腿四頭筋のあたり)に 力を入れて動いている方が非常に多いです。   よ…
詳細はこちら

足に合わない靴が慢性肩こりを生んでいる

現代病の一つである、外反母趾。靴を履く風習ができてから、増えてきた症状です。 親指が、人差し指の方へとよってしまう状態のことです。 靴は本当に、足の状態や体の状態に影響していきます。 目次1 靴を履いたことで、浮指が生ま…
詳細はこちら

ダイエットは手段の一つ

あなたは最近、ダイエットをしましたか? されたのならなぜダイエットをしたいと思ったのですか? ダイエットは手段の一つです。   大切なことはダイエットをして痩せるとが大切なのではなく、 ダイエットをして痩せたこ…