歩き方にも色々とありますが、「疲れないからだ」になっていく歩き方は、からだを整え、効率よく動かし、体力の消費を抑える省エネな歩き方です。

歩き方の質を上げていくポイントを上げると以下の通りです。

 

姿勢を整える

股関節の動きをよくする

けらない、足裏全体で地面を捉えるように

腕は振らない、腕は振られるもの

中心軸がぶれないように

視線は1点を見ない、全体を俯瞰するように

重力を活用する

腰(命門穴の辺り)が、後ろから押されているような気持ちで歩く

 

 

細かく上げるともっと色々とありますが、余り色々と気にしすぎると動きが硬くなり上手く歩けなくなりますので、普段歩くときは一つのポイントを押さえて歩いていきます。

 

⑧のポイント、おへその真裏のツボ、命門穴の辺りから押されていると思いながら歩いていくことです。

 

後ろから押されていると思いながら歩くことで自然と姿勢が良くなり、脚が楽に出やすくなります。

 グラフィックス1

全部できれば理想ですが、無理に全部行おうとせずに慣れてきたら他のポイントを行うか、もしくはゆっくりと歩いて整えていくといいかと思います。

 

次回から一つひとつのポイントを解説していきたいと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

腕は振らない。自然に任せて歩く

あなたは歩いているとき、腕を振って歩いていますか? 腕を意図的に振る歩き方は、肩が凝りやすくなります。それは肩に力が入りやすくなるからです。 よく一般的なウォーキングで腕を振って歩きましょう!と指導されてそのようにされて…
詳細はこちら

足に合わない靴が慢性肩こりを生んでいる

現代病の一つである、外反母趾。靴を履く風習ができてから、増えてきた症状です。 親指が、人差し指の方へとよってしまう状態のことです。 靴は本当に、足の状態や体の状態に影響していきます。 目次1 靴を履いたことで、浮指が生ま…
詳細はこちら

膝が痛くなる方の動きの特徴

膝の痛みはご高齢の方に多いですが、 よく慢性的に膝が痛くなる方の動きとして どんな特徴があるかと思いますか? 一番多い癖としては 太もも(大腿四頭筋のあたり)に 力を入れて動いている方が非常に多いです。   よ…
詳細はこちら

歩き方のまとめ

歩き方についてのまとめです。  「歩き方が原因で疲れて、体を痛めやすくなる」 歩き方のポイント ①姿勢を整える   「歩く前に姿勢を整える」   ②股関節の動きをよくする  「脚の始まり」 「股関節を緩める動作…