膝の痛みはご高齢の方に多いですが、
よく慢性的に膝が痛くなる方の動きとして
どんな特徴があるかと思いますか?

一番多い癖としては
太もも(大腿四頭筋のあたり)
力を入れて動いている方が非常に多いです。

 

よく整形外科に膝が痛いと
言って治療にいくと
レッグエクステンションのような

大腿四頭筋を鍛える動作を伝えられる
場合が非常に多いです。
「レッグエクステンション」⇧極楽トレーニング倶楽部さんのECサイトより

 

これも悪くはありませんが、
膝が痛い方は日常的な動作で
太ももに力を入れて動きすぎているので

筋トレのように、
力を入れる動作をしすぎると
逆に、筋肉が固くなり、

気血のめぐりが悪くなり、
余計に悪化する場合があります。

重さをつけずに、
ただ動かす程度に行えば
筋肉がほぐれ、

気血のめぐりが良くなり、
改善することも多いですが、
効率は悪いです。

改善するポイントは
主に3つです。

1 固くなっている筋肉をほぐすこと

2 関節の動きを良くすること

3 力を入れる動きの修正

 

このポイントは膝に限らず、腰痛や肩こりなども同じです。

 

基本的にはどの症状も
同じとなります。

 

膝痛で言えば

1は主に大腿四頭筋

2は股関節

3は足を上げる動作や歩き方

順番は順不同でも構いませんが、

1の固くなっている筋肉から
ほぐしてあげるた方が
変化を感じやすいです。

次回からは一つずつ詳しくお伝えしていきます。
読んで頂き、ありがとうございました

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

重力があるから立つことができ、動ける

あなたは重力を意識したことがありますか?   重力がないと立つことでもできないですし、歩くこともできません。   今、ここに大地に足をつけて立ったり、動いたりできるのは重力があるおかげです。   常に下に落ちる力が働いて…
詳細はこちら

足だけ動かず、からだ全体で動く

歩くとき大切なことは中心軸をつくることです。からだの中心時が安定していないと、からだがふらふらしたり、疲れやすくなります。中心ができることで歩きやすくなり、疲れなくなってきます。     では中心軸と…
詳細はこちら

歩く前に姿勢を整える

歩くうえで大切なことは姿勢を整えることです。   姿勢が整っていない状態で歩いていくとからだのどこかに負担をかけ、疲れやすく痛めやすくなります。   猫背の状態で歩いていると、視線も下を向き転びやすく、首、肩が緊張した状…
詳細はこちら

股関節を緩める動作~写真・動画付き~

股関節の緩め方は色々とありますが、ここでは歩く前に簡単に出来る動作をご紹介したいと思います。 左右の動作です。青い矢印は力を入れる方向です。   右手で腰を押して、左の腰を押し出す。右足の内側が伸びるの感じまし…