歩くうえで大切なことは姿勢を整えることです。

 

姿勢が整っていない状態で歩いていくとからだのどこかに負担をかけ、疲れやすく痛めやすくなります。

 

猫背の状態で歩いていると、視線も下を向き転びやすく、首、肩が緊張した状態なので肩こり、腰痛になりやすくなります。

 

また脚がうまく動きづらくなりますので、太もも(特に大腿四頭筋)の辺りに無駄な緊張が起き、ひざに負担がかかります。

 

動くためにはまずしっかりと止まっている時の姿勢が良くないと上手く動けません。

 

これはスポーツも同じです。

 

若くて運動神経も良いうちはある程度は大丈夫かもしれませんが、姿勢が整っていないと選手寿命を縮め、パフォーマンスが下がりやすくなります。

 

動く前に、姿勢を整えること

 

それが、歩きに限らず、すべての動きの質を向上させていきます

 

実際の姿勢の取り方についてはこちら参考にして下さい。

 

読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

歩き方のまとめ

歩き方についてのまとめです。  「歩き方が原因で疲れて、体を痛めやすくなる」 歩き方のポイント ①姿勢を整える   「歩く前に姿勢を整える」   ②股関節の動きをよくする  「脚の始まり」 「股関節を緩める動作…
詳細はこちら

箸(物)の重さを感じると力が抜けてくる

食事をするとき、あなたは箸の重さを感じますでしょうか?   日常生活の中で出来る、力を抜く方法は物の重さを感じることです。特に軽い物の重さを感じることが大切です。重さを感じないのは余計な力が入っているということ…
詳細はこちら

腕は振らない。自然に任せて歩く

あなたは歩いているとき、腕を振って歩いていますか? 腕を意図的に振る歩き方は、肩が凝りやすくなります。それは肩に力が入りやすくなるからです。 よく一般的なウォーキングで腕を振って歩きましょう!と指導されてそのようにされて…
詳細はこちら

足に合わない靴が慢性肩こりを生んでいる

現代病の一つである、外反母趾。靴を履く風習ができてから、増えてきた症状です。 親指が、人差し指の方へとよってしまう状態のことです。 靴は本当に、足の状態や体の状態に影響していきます。 目次1 靴を履いたことで、浮指が生ま…