具体的な歩き方です。以前にも「歩き方のポイント」」の中でお伝えしましたが普段歩くときに気にすべきポイントはひとつです。

 

腰(命門穴の辺り)が、後ろから押されているような気持ちで歩くということです。

グラフィックス1

 

 

おへその真裏に「命門」というツボがあります。このあたりから押されているような気持ちで歩くと自然と姿勢が良くなり、歩きやすくなります。

 

前回の「重力があるから立つことができ、動ける」でもお伝えしましたが、歩くときは足から出さずに、重心が移動して動くことでからだ全体が動くことが大切です。

 

そうすることで、無駄な緊張が起きずスムーズに進めます。

 

足から動くと、からだはまだ後ろに残ったままなので、余計な緊張がからだに生まれやすくなります。

 

ですが、からだ全体、特に腰から前に進んでいくことで無駄な緊張が減り、歩きやすくなります。

 

もし、上手くできないようでしたら、誰かから軽く腰の辺りを押してもらいながら歩くと感覚がつかみやすくなります。

 

最初は慣れないうちは少しやると疲れるような感じもする方もおられます。普段使用していない筋肉をを使い、普段使用している筋肉をあまり使わなくなってくるからです

 

多くの方の歩き方は太ももの辺りばかりを使用して、お腹、腰は余り使えていない状態です。そうすると疲れやすい、からだを痛めやすい、太りやすく(特にお腹)なります。

 

後ろから押されているいるように歩くことで、太ももの緊張がへり、お腹、腰が動いていきます。その結果、疲れない、太りにくい歩き方に変化していきます。

 

他にも歩くときのポイントは色々とありますが普段歩くときは、多くの方はこれだけ意識すれば良いかと思います。色々なポイントを意識しすぎると動きが固くなります。

 

より歩きの質を上げたい方は、慣れてきて無意識にできるようになってからほかのことも気にすると良いかと思いますが、これだけでも気にしているとほかの部分も自然とできてくることが多いです。

 

疲れない、太りにくい歩き方を身につけてみませんか?

 

読んで頂きありがとうございました。

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

腕は振らない。自然に任せて歩く

あなたは歩いているとき、腕を振って歩いていますか? 腕を意図的に振る歩き方は、肩が凝りやすくなります。それは肩に力が入りやすくなるからです。 よく一般的なウォーキングで腕を振って歩きましょう!と指導されてそのようにされて…
詳細はこちら

地面は蹴らないように足の裏全体で捉えて歩く。

歩いているときにあなたは地面を蹴って歩いていませんか?   一般的なウォーキングなど地面を蹴るようにといわれることも多いですが、地面を蹴って歩くと太もも(大腿四頭筋の辺り)が常に緊張した状態になりやすく、ひざに負担がかか…
詳細はこちら

箸(物)の重さを感じると力が抜けてくる

食事をするとき、あなたは箸の重さを感じますでしょうか?   日常生活の中で出来る、力を抜く方法は物の重さを感じることです。特に軽い物の重さを感じることが大切です。重さを感じないのは余計な力が入っているということ…
詳細はこちら

歩く前に姿勢を整える

歩くうえで大切なことは姿勢を整えることです。   姿勢が整っていない状態で歩いていくとからだのどこかに負担をかけ、疲れやすく痛めやすくなります。   猫背の状態で歩いていると、視線も下を向き転びやすく、首、肩が緊張した状…
詳細はこちら

歩き方が原因で疲れて、体を痛めやすくなる

皆さんは普段どんな歩き方をされていますか?歩き方に気を付けて行っていますか? 毎日行う動作、歩き方により心とからだの状態は変化していきます。   足先だけで歩いていたり、肩に力が入りすぎる、太ももの筋肉(大腿四頭筋)が緊…