歩き方についてのまとめです。 

「歩き方が原因で疲れて、体を痛めやすくなる」

歩き方のポイント

①姿勢を整える 

 「歩く前に姿勢を整える」

 

②股関節の動きをよくする

 「脚の始まり」 「股関節を緩める動作~写真付き~」

 

③けらない、足裏全体で地面を捉えるように 

「地面は蹴らないように足の裏全体で捉えて歩く。」

 

④腕は振らない、腕は振られるもの

 「腕は振らない。自然に任せて歩く」  「箸(物)の重さを感じると力が抜けてくる」

 

⑤中心軸がぶれないように 

「足だけ動かず、からだ全体で動く」

 

⑥視線は1点を見ない、全体を俯瞰するように 

「視線は一点を見るのではなく、全体を俯瞰するように観る」

 

⑦重力を活用する 

「重力があるから立つことができ、動ける」

 

⑧腰(命門穴の辺り)が、後ろから押されているような気持ちで歩く 

「歩き方~後ろから押されているような気持ちで歩く~」

 

 

今回お伝えした歩き方は、疲れない、太りにくいからだを養っていくための歩き方です。まだ色々とあるのですがそれはまたその内にお伝えします。

 

歩く目的の一つは「移動」するためですが、寝た切りでない限り必ず行う「移動」の質が上がることで、あなたの日常生活の質を向上させます

 

あなたの「心」と「からだ」は日常生活の小さい積み重ねでできています。日常生活の質を向上させることで、あなたの「心」と「からだ」は整い、クリエィティブで元気な「疲れないからだ」が養われていいきます

 

歩き方は「心」と「からだ」だけに影響を与えるだけではなく、あなたの人生に大きな影響を与えていきます。 

 

あなたはどんな人生を歩いていきたいですか?

 

読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

歩き方のポイント

歩き方にも色々とありますが、「疲れないからだ」になっていく歩き方は、からだを整え、効率よく動かし、体力の消費を抑える省エネな歩き方です。 歩き方の質を上げていくポイントを上げると以下の通りです。   ①姿勢を整える ②股…
詳細はこちら

地面は蹴らないように足の裏全体で捉えて歩く。

歩いているときにあなたは地面を蹴って歩いていませんか?   一般的なウォーキングなど地面を蹴るようにといわれることも多いですが、地面を蹴って歩くと太もも(大腿四頭筋の辺り)が常に緊張した状態になりやすく、ひざに負担がかか…
詳細はこちら

膝が痛くなる方の動きの特徴

膝の痛みはご高齢の方に多いですが、 よく慢性的に膝が痛くなる方の動きとして どんな特徴があるかと思いますか? 一番多い癖としては 太もも(大腿四頭筋のあたり)に 力を入れて動いている方が非常に多いです。   よ…
詳細はこちら

脚の始まり

皆さん、脚はどこから生えているかと思いますか?   こう質問をすると多くの方は、鼠蹊部の辺り、股関節と答える方が多いです。   脚の始まりは筋肉で見た場合は、鳩尾の辺り(正確には胸椎12番)です。   大腰筋という筋肉が…
詳細はこちら

歩く前に姿勢を整える

歩くうえで大切なことは姿勢を整えることです。   姿勢が整っていない状態で歩いていくとからだのどこかに負担をかけ、疲れやすく痛めやすくなります。   猫背の状態で歩いていると、視線も下を向き転びやすく、首、肩が緊張した状…