朝、すっきりと起きれない方は眠る前に起床時間を唱えてから眠るとその唱えた時間に起きやすくなります。

唱えてから眠ると起きる3時間前辺りからコルチゾールの分泌を促すホルモンが分泌されていくと言われます。

目覚める数分前になると心拍数が上昇し、起きるための準備に入ります。

やり方は簡単です。眠る前に

「○○時間に起きる」と3回ほど唱えて眠るだけです。頭の中でも良いです。

ただし、この方法はすぐに身につく方もおられれば、中々身につかない方もおられます。

最初のうちは唱えた時間の30分前に目が覚めたりなど、上手くいかない場合があります。ですが、しばらく繰り返していれば、からだが覚えていきシステム化されていきます。

変化は少しずつ現れます。

目覚ましを止めて、また眠るのを3回繰り替えてしてから起きていただけ、2回に減ったなど、少しずつの変化を感じていくことが上手く行うコツです。

できるようになると、目覚まし時計がなくても目が覚めるように自然と変化していきます。

朝、スッキリ起きられるようになってみませんか?

 

読んでいただきありがとうございました。

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

深部体温が下がるとよく眠れるー深部体温リズムー

ヒトの体温には2週類あります。からだの表面の体温と深部の体温です。 眠りを深くしてくためには深部体温のリズムが関係してきます。 深部体温は6時起床の場合起床から11時間後の夕方17時が最も高く、22時間後の明け方4時頃が…