よく、布団の中で考え事をしていて眠れないという方が多いかと思いますが、考え事をしているときは脳は血流が集まり、温度が高い状態です。

脳も内蔵の一つなので、温度が上がると活発になり、考え事をしているという活動をしている状態になり、寝付きが悪くなりやすくなります。

そこで物理的に脳を冷やしてあげることで、考え事をしにくい状態をつくり寝付きを良くします。

やり方は、

乾いたタオルを冷凍庫に入れておき、それを枕にひく

もしくは、

柔らかい保冷剤などを使用する

というやり方でいいかと思います。ただし注意点として

冷やす場所は耳から上耳から下を冷やさない

ということです。

耳から下、首のあたりを冷やすと呼吸中枢などがあり、冷やすと危険なので耳からしたが冷やさないようにしてください。逆に脳が覚醒していきます。

枕の上半分に冷やすものを置いて、大脳の温度を下げてくれて考え事をしにくい状態を作っていきます。

これはあくまで、眠りはじめを助けるものなので、ずっとは冷やさないでください。最初だけ少し冷えれば充分かと思います。

読んでいただきありがとうございます。

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

深部体温が下がるとよく眠れるー深部体温リズムー

ヒトの体温には2週類あります。からだの表面の体温と深部の体温です。 眠りを深くしてくためには深部体温のリズムが関係してきます。 深部体温は6時起床の場合起床から11時間後の夕方17時が最も高く、22時間後の明け方4時頃が…
詳細はこちら

睡眠のトラブルと質の良い睡眠のとり方

自分自身がしっかりと眠れているかどうかの基準は簡単にまとめると3つです。 ①起きてから4時間後に眠気が来ない ②集中力、気力の低下がない ③睡眠中のトラブルがない(睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害な…