先日の記事でセロトニンのことをご説明しましたが、いつ、どこでも、どなたでもできるセロトニンがでやすくなる動作を一つご紹介します。

一般的な気功の動作で、体操などでも行うことがあるスワイショウです。

セロトニンは同じ動作を同じリズムで行うこで出やすくなります。

効果としては

肩こり、腰痛改善、不眠症、精神の安定、自律神経の安定など。

怒りっぽい方は毎日同じ時間に、同じ場所で同じリズムで5分くらい行うとセロトニンが出て、気持ちが安定しやすくなります。

 

①軽く腰を落とす

②中心がぶれないようにからだを回す

③肩の力を抜きながら一定のリズムで、自然と両手が腰をたたくように回す(でんでん太鼓のイメージ)

④自然と両手が止まるように、ゆっくりと回転を止めていく。

⑤大地を踏んで立つ

 

簡単な動作ですが、継続して行うことで効果を感じれるかと思います。

よく眠れない方、怒りっぽい方にはオススメです。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

起床時間を唱えてから眠る

朝、すっきりと起きれない方は眠る前に起床時間を唱えてから眠るとその唱えた時間に起きやすくなります。 唱えてから眠ると起きる3時間前辺りからコルチゾールの分泌を促すホルモンが分泌されていくと言われます。 目覚める数分前にな…