小田原で毎週水曜日に気功教室を開催して、丸2年が経ちました。

平均年令75歳位ですが、皆さん元気よく通っています(^^)

2ヶ月ほど前から入られた70代後半の女性の方から嬉しい報告がありました!

「前は歩くときに腰に力が入らくなって、フラフラしながら歩くことが多かったけど、最近はいつの間にかふらつかないで普通に歩けるようになった!」

入られた時は、いつも前かがみの姿勢で、長い時間立つのが大変だったようですが、最近は少しずつ姿勢が良くなり、安定して立てるようになってきました。

気功の動きは、足腰がしっかりしてくるものが多いです。

それは、上半身の動きを行いながらも、大地を踏む力で伸展したりするからです。

そうすると、スクワットのように腰を落とす動作をしなくても、上半身を動かすだけでも自然と足腰が強くなっています。

今日はレッスン中にインフルエンザの予防接種の話題が出ました。

気功的なインフルエンザの予防ということで、肺の働きを強くする動作を行いました!

小田原親指

親指は肺の経絡(気の通り道)と関係があるため、親指を組み、動くことで肺の働きが高まります。

秋は東洋医学では「肺」の季節ともいわれていますが、これから寒くなる冬に入る前に肺の働きを高めていくと、風邪の予防やインフルエンザの予防に繋がります。

それは肺が、自律神経と関係し、免疫力に影響を与えているためだからです。

昔から、風邪の予防に寒風摩擦を行うと良いと言われています。

それは、皮膚を刺激することで、肺の働きが整い、免疫力の向上に繋がっていくからです。

東洋医学的に皮膚は、肺と関連して行きます。皮膚も呼吸をしています。(皮膚呼吸)

予防の仕方は色々とありますが、

 

なにより大切なのことは

「継続」です。

この2年ほとんど休まずに、ずっと来ていただいる方がいますが、段々身体が柔らかくなり、元気よく過ごされています。

そういうお姿を見ていると、逆に教えられている気分になったり、とても嬉しいです(^^)

お互いの為になる仕事だな、と実感します。

いつも来ていただいて、ありがとうございます!

また、読んで頂きありがとうございました!

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

呼吸の苦しさをラクにしていく方法

ゼェゼェ、、 小さいころから、小児喘息があり、呼吸がしんどい思いはたくさんしてきました。 発作が起きた苦しさは、なったことがないといまいち、ぴんと来ないかもしれません。   そんな時は、   「ストロ…
詳細はこちら

息=自分+心

あなたは「息」という字の成り立ちを考えたことをありますか?   何気なく使っている漢字ですが、字の成り立ちを見ると昔の方々が心とからだをひとつのモノとして扱っていたことが感じられます。   「息」とい…
詳細はこちら

怒っているときの身体の状態

あなたは怒っているとき、体はどのような状態ににっていますか?   怒りを感じているときは体の方に意識がいくことは少ないかもしれませんが、体にも色々と反応が出ていることが多いです。   体に力が入り、硬…
詳細はこちら

胸の苦しさは姿勢が影響するのはなぜ?

胸が苦しい、呼吸が苦しい、、、、 そんな時は必ずと言っていいほど、ある共通点があります。   それは、、、姿勢が崩れていること。   姿勢が大事。 ということは、知っている人は多いですが、なぜ、大事な…
詳細はこちら

イライラしていると慢性的な肩こりになりますよ〜

もし、いつもイライラしている。誰かに対して、何かに対して怒っている。。。 それは、慢性的な肩こりを生んでいるとお考えください。 その肩こりは、ただ肉体をほぐすだけでは変わらないでしょう。 根本となる、いらいらを解消してい…