あなたは「息」という字の成り立ちを考えたことをありますか?

 

何気なく使っている漢字ですが、字の成り立ちを見ると昔の方々が心とからだをひとつのモノとして扱っていたことが感じられます。

 

」という字は、「自分」と「」という字で成り立っています。

031384

「息」をすることは、自分の「心」に大きな影響を与えていきます。

 

「息」が乱れたり浅いと、気が上がりやすくなり、疲れやすくなったり、怒りぽっくなったりします。

 

「息」が整うことで、気持ちが落ち着き、疲れにくくなります。

 

東洋医学的に言うと「」は感情の部分、「七情」として表されます。

 

七情とは、喜び、怒り、思い、憂鬱、悲しみ、恐怖、驚きのことです。

 

東洋医学では病気の八割くらいの原因は七情の過不足、乱れにあると言われています(内因)

 

喜びは心、怒りは肝、思いは脾、憂鬱と悲しみは肺、恐怖と驚きは腎と七情の働きが五臓へと影響を与えていきます。

 

息を整えることで、自分の感情をコントロールしていくことに繋がっていき、病気にもなりにくい体へと変化していきます。

 

それは、呼吸が自律神経の働きに影響をあたえていくからです。

 

そこの関係はまた次回お伝えします。

 

息を整えて、自分の心を整えていきませんか?

 

読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

0 Shares:
1 comment
  1. ピンバック: やる気が出ないのは、ストレスが溜まっているから。すぐに楽にするためには? – 気のかたち
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

呼吸が浅いとイライラしやすい

あなたは普段イライラしやすい方ですか?   イライラしやすい人は呼吸が浅くなっているかもしれません。   「息」が整うと「自分」の「心」が整うと前回の記事でお伝えしましたが、なぜ整うかというとひとつは…
詳細はこちら

胸の苦しさは姿勢が影響するのはなぜ?

胸が苦しい、呼吸が苦しい、、、、 そんな時は必ずと言っていいほど、ある共通点があります。   それは、、、姿勢が崩れていること。   姿勢が大事。 ということは、知っている人は多いですが、なぜ、大事な…
詳細はこちら

長い息をすると長生きする!?

あなたは人の一生のうちする心拍数の数をご存知ですか?   人は一生の内に約23億回の心拍数が行われ、どの生物も大体決まっていると言われています。   それが真実かどうかはわかりませんが、傾向としては心…
詳細はこちら

手の甲をほぐすと肩回りが動きやすくなる

あなたは肩が凝ったとき、どのようにして対処しますか?   肩をもむ?それとも肩を動かす?   対処法は色々とあり、直接的に肩回りを動かして良いですが、、いつでもどこでもできる対処法をご紹介したいかと思…
詳細はこちら

固まった肩甲骨の動きを良くする方法

肩甲骨の動き悪いとどんな弊害を体に与えてしまうかご存知ですか? こんな症状が出やすくなってしまいます。。。   肩こり、首コリ、頭痛、腰痛、四十肩。   この辺は、肩甲骨周りの筋肉が緊張してしまうこと…