背骨は椎骨という小さい骨が連なってできています。

 

その椎骨と椎骨の間に椎間板という軟骨があり、クッションの役割をしています。

 

椎骨はリング状に出来ており、その空洞部分に神経が通っています。その連なって出来た部分を「脊柱管」と言います。ちなみに腰痛でよく聞く脊柱管狭窄症はこの部分が狭くなり、神経を圧迫した状態の事を言います。

 

この脊柱管から出ている神経が中枢神経の脊髄でそこから末梢神経へと繋がり、全身にいきわたります。

 

神経の多くは背骨から出ています。一般的によく聞く自律神経も背骨から出ています。神経が全身に行き渡るからからだを動かすことができます。

 

元々神経は、骨と骨の間の狭い隙間を通って全身にいっています。

 

ですので、姿勢が崩れてくる、動きがいまいちだと狭い隙間がさらに狭くなり、神経を圧迫したりします。

 

その結果、心とからだに負担をかけ痛み、痺れ、疲れ、うつなど不調を起こしやすい状態になります。

 

特に自律神経の乱れは様々な症状を引き起こしやすくなり、心とからだのバランスを崩していきます。

 

背骨が歪んでいたり、からだの動きが硬いと神経の伝達を悪くなります。

 

姿勢を整え、動きの質を上げることで、神経の伝達をスムーズにして上げることが大切です。

 

次回は背骨の歪みを整え、動きを良くする動作をご紹介したいと思います。

 

読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

姿勢が変わるとストレスに強くなる

あなたの今の姿勢はどのような状態ですか?   姿勢の状態によりによりあなたのストレスの受け方も変化してい行きます。   前回の記事でお伝えしたように、姿勢の状態により身体的なストレスだけではなく、精神的なストレスの受け方…
詳細はこちら

姿勢の崩れ簡単チェック法とシンプル姿勢調整法

座り仕事ばかりで、家に変えると背中が緊張しバキバキ。そんな方の殆どが、座り仕事だけが原因ではなく、姿勢が崩れています。 姿勢の崩れを解消をしていからこそ、背中が緊張をしてバキバキの状態から開放されていきます。心地よい日常…
詳細はこちら

顎の位置で変わる脳の働き

日ごろご自身の顎の位置を気にされたことはありますか? 顎の位置が良くないと、首、肩が緊張した状態になり、血管や神経を圧迫していきます。脳に気・血液・水がいかない、脳脊髄液の循環が悪い状態ですので、脳の働きが衰えるだけでは…
詳細はこちら

気を付けの姿勢は腰痛、肩こりのもと

こんにちは。 気功的QOL改善インストラクターの高橋拡です。 気を付けの姿勢をして立とうとすると疲れる感じはしませんか? 小さいころ習った気を付けの姿勢は、見た目はきれいなような気がしますが、からだにとってはとても無理な…