気功レッスンをしていて、

 

「私はいつも眠りが浅い」

 

と言われる方が結構おられます。

 

そういう時は

普段の起きているときの行動を聞いてみます。

 

そうすると

多くの方が睡眠を浅くしてしまう行動をとっていることが

非常に多いです。

 

睡眠は起きているときの行動が影響していきます。どのような行動をすると、眠りを浅くするかご存知ですか?

 

日々のちょっとしたことで、変化していきます。中でも現代人の多くの方に影響を与えているのが、

 

「光」です。

 

単純に明るすぎて、睡眠を浅くしているだけの方がとても多いです。

 

眠くなったり、覚醒したりするのにメラトニンというホルモンが影響していきます。

 

これが増えることで眠くなり、減ることで覚醒していきます。

 

このホルモンは外的リズムといい、外からの明暗で影響していきます。

 

 

明るいとメラトニンが減少、暗くなると増加します。朝起きて、光を見ることでメラトニンが減少し覚醒していき、夜暗くなることで、メラトニンが増加し眠くなります。

 

 

ですが、

現代は夜でも非常に明るいです。

 

特に影響していきのがブルーライトです。

 

携帯電話やPC、テレビなどに使われている青白い光です。

 

寝る前のメールチェックはコーヒー2杯分に相当する。

 

という風に言われる方もおられます。

 

夜の電車も明るいので覚醒しやすくなる要因です。

部屋の電気もLEDで青白く明るいと睡眠を浅くしていきます。

 

テレビを見ながらだと寝やすいという方もいますが、

それは睡眠を浅くしてしまいます。

 

もしより睡眠の質を上げたければ、

寝る1時間前から眠るための準備をしてあげるとよいです。

 

  • PC、携帯、テレビは控える。
    (気になる方は目の入らないところに置いておく。布団に持ち込まない)

 

  • 部屋の照明は眠る前(出来れば夕方以降)は電球色の明かりがおすすめ

※ろうそくや夕日のような赤みのある色が睡眠を促進させていきます。

 

現代は全体的に明るいですので、意識的に寝る前は暗くしていくことで大切です。

 

寝る前の1時間に寝るための準備をしてあげることが、次の日、一日の活動に影響していきます。

 

ちょっとしたことで、睡眠の質は変化していきます。

 

眠る一時間前は眠る準備をしていきましょう。

これを応用して、朝の目覚めに利用するというやり方もあります。

 

起きたら、携帯をみて目を覚ましていくという方法です。

 

ただ、注意点としては、目の刺激が強かったり、電磁波がも強いので、やりすぎには気を付けましょう。

理想は朝の日光です。そうでなければ明かりをしっかりとつけていきましょう。

 

あなたの心とからは日常生活の積み重ね。日々のちょっとした積み重ねを大切にしましょう。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました(^^)

 

今日も一日、快適に過ごせますように☆

0 Shares:
You May Also Like
詳細はこちら

年を重ねるほど、長い睡眠は必要がなくなる

高齢者の方と睡眠のお話をしていると、朝までぐっすりと眠りたい、若い頃のように眠りたいと相談されることがあります。 年齢を重ねると睡眠時間は自然と短くなります。それは基礎代謝が低下し、眠る体力がなくなり、何より記憶の整理が…
詳細はこちら

睡眠のトラブルと質の良い睡眠のとり方

自分自身がしっかりと眠れているかどうかの基準は簡単にまとめると3つです。 ①起きてから4時間後に眠気が来ない ②集中力、気力の低下がない ③睡眠中のトラブルがない(睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害な…