仕事から家に帰るとバタンキュー。忙しさもあるけど、いつも疲れやすくだるい。
足だけではなく、手も体も。そんなときは、決まって身体は循環が悪くなっています。

 

栄養・酸素・熱が行き届かないからだるく疲れやすくなる

力が入り、体内の気・血・水の循環の悪くなる事がだるさや疲れの一番の原因と言えます。気・血・水は栄養・酸素・熱を運んでいるためです。

 

老廃物も除去されていかないため、むくみなども引き起こしやすくなっていきます。

 

車はガソリンがという燃料があることで動きますよね?人も同じ。気・血・水という燃料があることで体を動かすことができます。

 

循環が悪くなるというのは、気・血・水の循環が悪いということ。これらは栄養、酸素、熱を運んでいます。栄養や酸素が運ばれないと人の体は動くことができません。

 

息を止めて体を動かすことはできませんよね。循環をよくしてあげることで足の怠さ・疲れが解消していきます。

 

通り道をつくり流れを促すこと

体内の気・血・水の循環を良くするには2つのことをすることが大切です。これは解消と予防を同時に兼ねています。

 

  1. 気・血・水の通り道を作る事

  2. 気・血・水の流れを促すこと

 

多くの方は、「2」の流れを促すことばかりをしています。

 

循環が悪いから流れるようにと、食べ物を変えたり、マッサージをしてもらったりする。すぐに元に戻るということを感じるようでしたら、流れを促すことばかりをしているかもしれません。

 

その前にすることは通り道を作ることが重要となります。道がなければ、気・血・水もめぐりません。

 

足がだるく、疲れやすくなっているとき、体は緊張。とくにふともも(大腿四頭筋)が緊張し、筋肉が固くなり、気・血・水の通り道がなくなっています。

 

この状態で流そうとしても、道がありませんのでうまく流れません。

 

道がきれいに整備されているからこそ、気・血・水の流れがスムーズになっていきます。

 

そのために、体を緊張させてしまう原因である、力を入れすぎる癖を解消し、関節の柔軟性を高め、姿勢を調えていくことが重要となります。

 

血管も、リンパ管も、神経も体の狭い隙間を通り、全身に張り巡らせています。関節の柔軟性と姿勢を調える事で、気・血・水の循環が良くなっていきます。

 

足のだるさや疲れが解消し、軽やかに

循環が良くなるからこそ、だるさや疲れが解消されていきます。そうすると、足も軽やかにスキップしたくなるかもしれませんね。

 

あらゆる不調は心や体の声です。

 

ケアして〜、病気になるかもしれないから気をつけてなど、心や体が何かを訴えたいときに症状となり現れています。

 

そういった声に耳を傾け、日々の生活でケアしていくと、日々のだるさや疲れが解消して、心もからだも軽やかになる事でしょう。

 

仕事や人間関係に向かうやる気やエネルギーも自分自身の心と体が調うからこそ湧いてきます。

 

日々の積み重ねを大切にしていきましょう。

 

その第一の積み重ねはこちらから行っていきましょう。気・血・水の通り道が作られていきます。

詳細はこちら⇓

http://kinokatachi.com/shiseimerumaga2016/

 

呼んでいただきありがとうございました。

 

今日も一日素晴らしい日がおこ売れますように☆

 


  様々な不調は、緊張から生まれていきます。

  1. 疲れや痛みが生まれないために必須な9つのステップ
  2. 丸まった猫背を3分で解消する気功動画レッスン
  3. 便秘になったときにおすすめ腸マッサージ動画
  4. 背筋を心地よくピン!とする気功レッスン動画

すべて、無料でご覧いただけます。
 

0 Shares:
You May Also Like
詳細はこちら

緊張をして疲れるのはなぜか?原因とほぐし方

この3つをご覧いただくこと、あなたの緊張をして疲れる状態の解消につなげていきます。 目次1 疲れの種類と原因は?2 疲れを回復させるために重要な一つのポイント3 からだの疲れと脳の疲れを取り、緊張を緩める3つの方法4 前…
詳細はこちら
詳細はこちら

疲れた生活から疲れない生活へ!疲れない体をつくる5つの秘訣

仕事をしていても疲れない、休みの日は寝て疲れ取るではなく、アクティブに行動をしている。そんな人になっていくための疲れないからだをつくる秘訣をご紹介します。 疲れた生活よりは、疲れない生活のが楽しいですし、快適ですからね。…
詳細はこちら