人前に立ちお話をする時に緊張しなくなり、肩のコリも楽になる。そのためには、日ごろから3つのことを整える事必要があります。

どんな時でも落ち着いて話すために大切な3つのポイント

私ももともとはあがり症で人前で話すと、緊張しがちでした。でも、3つのことを整える事で、変わっていきました。緊張してしまうのは、性格の問題ではなく、それは生理学的なことでもあります。

 

顎を引き後頭部を伸ばす事で視野をひろく

これをすることで変わるのは、自律神経。背骨の辺りに通っています。現代人に多い、背中を丸くしている猫背は自律神経にも乱れにもつながります。

自律神経に限らず、どの神経もからだ中に張り巡らされています。それも狭い隙間を通って。姿勢が崩れると、神経を圧迫し、伝達を悪くしていきます。

特に自律神経は、体内の活動を支配し、精神活動もつかさどります。あごを引き後頭部を上に伸ばす。そうすることで、背骨が引きのばれ、姿勢が調い、自律神経が安定をしてきます。

その状態で全体を見渡しましょう。人まで話すときに緊張している方は、視野が狭くなり、手前ばかりを見ています。

顎を引き、後頭部を伸ばして、全体を見渡していく。

それが、人前でお話をするときに緊張しない一つのポイントでもあります。

 

深い呼吸を入れていく

ドキドキ緊張をしているときは、呼吸が浅くなっています。もしくは息を止めてしまっています。肩にも力が入り、肺を圧迫しているために、酸素がいきわたりません。それがまた緊張を生んで、悪循環になってしまいます。

意識的に息を吐いていきましょう。「はぁ~」という感じで。鼻でも口でもどちらでも構いません。

息を吐くことで、自然と息を吸えるようになります。

 

地に足を付けたグラウンディングを養う

人前で話そうとして緊張した時は、肩に力が入り。重心が上がっている状態です。急にやると怒られますが、横から押すとフラフラしています。地に足がついていない状態です。

肩の力をぬいて肩凝る癖を解消するためには、土台となる部分が安定しなくはいけません。重心が下がり、地に足が付いた状態をつくる事が何より大切となります。

心とからだは日常生活の積み重ね

3つのポイントを日頃から気にしていると、人前で話しても緊張が減り、必然と肩のコリも解消されています。
現代人の多くは、気が上がっている状態。地に足がついていない方が非常に多いです。

それは、体のバランスを悪くし、こころのバランスにも影響していきます。

心とからだは日常生活の積み重ね。

日々の生活を大切にしていきましょう。
より、心と身体を楽にしていきたいかたはこちらをご覧ください↓

https://kinokatachi.com/shiseimerumaga2016/

読んで頂きありがとうございました(^^)
今日も一日素晴らしい日になりますように☆

 


 

 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう