二の腕をスッキリしたいけど、

運動をするのはめんどい!

と感じる方にオススメの方法です。

 

それは、小指!

 

小指を日頃から意識して暮らすことが
二の腕をすっきりさせる方法です。

 

やり方は
何か物を持つ時や掴むときに
小指に力を入れるだけです。

 

これだけ二の腕がすっきりしやすくなります。

 

多くの方はかばんなど、何か物を持つときに
人差し指と親指に主に力を入れて
物を持っています。

 

薬指、小指側はあまり活用していない方がとても多いです。

解剖学的に親指と薬指側は身体の前面に繋がっています。
上腕二頭筋、大胸筋という流れです。

 

経絡(気の流れ)も同じような方向で流れています。

 

イメージしにくい方は、
試しに親指と人差し指で輪を作り力を入れると、
胸の辺りに力が入るの感じます。

 

薬指、小指側は身体の背面に繋がっています。
上腕三頭筋、僧帽筋という流れです。

 

小指と親指で輪をつくり、力をいれると背中に
力が入るのを感じることができます。

 

背中側の筋肉のほうが大きく力を発揮するため
ものを持つように力を入れる動作の場合は
小指に力を入れると効率よく力が入ります。

相撲、柔道、剣術なども小指を活用することで
力を出しやすくしています。

 

二の腕がたるんでしまっているのは
日常の生活で小指を活用することが少なく
上腕三頭筋の辺りを動かしていないため
たるみやすくなってしまいます。

 

親指、人差し指側を活用しすぎているのです。

もし、

二の腕がたるんでいる!

と思う方は、

カバンや物を持つときに小指に力を入れて持つ

電車の手すりで小指に引っ掛けて持つ

コップを持つときに親指と小指に力を入れて持つ

傘を指すときも小指に力を入れて持つ

日常生活の中で行っていると
気がついたらスリムになっていることも多いです。

小指を活用して生活をする癖がついてくると
二の腕が細くなりやすくなったり、
たるみにくい状態になります。

 

更に
肩こりや四十肩、寝違いなどの防止や改善にも
繋がりやすくなります。

 

これらの症状は親指、人差し指側ばかりに力が入り、
身体の前面ばかりを活用していることが、
ひとつの要因です。

 

動きの偏りが減ることで、
予防や改善に繋がっていきます。

 

小指を活用していきましょう!

 

読んで頂き、ありがとうございました。


 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう