ゼェゼェ、、
小さいころから、小児喘息があり、呼吸がしんどい思いはたくさんしてきました。
発作が起きた苦しさは、なったことがないといまいち、ぴんと来ないかもしれません。

 

そんな時は、

 

「ストローで呼吸をしているものだよ~」

 

とお話をします。

 

まだまだ、完全ではありませんが、徐々に改善してきてはいます。

 

発作ほどではなくても、呼吸が苦しいときは体がとても緊張しています。

 

一緒懸命に息を吸おうとしていますからね。

 

だから呼吸が苦しくなったときは、その緊張した部分を緩めていくとラクになっていきます。

 

完全に発作が起きた時は、吸入剤を使用したほうがすぐに収まりす。

 

でも、日常的に出ない状態をつくっていきたいのなら、呼吸がしやすい状態をつくることが大切です。

 

呼吸が苦しいときに緊張する場所は、、、

 

●首と肩
●肩甲骨のあたり
●胸
●指先
●あご

 

主にはこのあたりです。これらを緩めればラクになりやすいです。

 

もう一つ、緩めるとラクになる場所があります。
今回はその部分の緩め方をご紹介します。

 

それは、、、

 

鳩尾(みぞおちです。

 

〇鳩尾には何がある?

みぞおちを緩めるといい理由は2つ。
・横隔膜をゆるめること
・太陽神経叢の働き

 

横隔膜は、呼吸をするうえでは一番重要

横隔膜が下に引かれる(収縮)ことで肺に空気が入ります。
吐くときは、横隔膜が上に戻る(弛緩)することで息が出ていきます。

 

呼吸が苦しくなりやすい方は、この横隔膜の動きが鈍い方がおります。
緊張しているともいえるでしょう。

 

この横隔膜も筋肉です。

 

体の使い方により、動きが変化していきます。
そもそも、横隔膜うまく動かなければ、呼吸を深くすることはできません。

 

動きやすい状態をつくることが重要です。

 

太陽神経叢の働き

お腹の中にある第2の脳と言われたり、体の中の太陽、そんな風に表現したりします。
ヨーガでも第3のチャクラ(マニプーラ)といったりします。

 

こちらは、太陽のような形をしている自律神経の塊のことです。

 

自律神経は内臓の働きをコントロールしているます。

 

肝臓、腎臓、脾臓など自動的に動ているのは自律神経のおかげです。

 

もちろん、肺も。

 

呼吸が苦しいとき、交感神経が過剰になりがち。

 

それは、現代はストレスが多い社会というのもあることでしょう。

 

だからこそ、副交感神経を優位にして、バランスを整えることが重要となるのです。

 

〇みぞおちをゆるめていくには?

もし、痛みが強い。違和感が出る場合は無理には行わないでください。

 

①あお向けに寝て、両ひざを立てる。

 

②両手指先(中指、人差し指、薬指)を剣状突起の下にあてる。

※みぞおちにある軟骨です。ここは押さないように気を付けましょう。軟骨なので、無理に押すと折れやすいです。

 

③ゆっくりと息を吐きながら、少しずつ圧を加えていく。無理に押し込むのではなく、沈んでいくような感覚で。

 

④息を吸いながら、圧を緩める。

 

⑤3~5回は繰り返していきましょう。

 

繰り返しますが、みぞおちにあるしこりみたいな部分。剣状突起は押しすぎないように気を付けましょう。
無理に押す必要はありません。

 

より安全に行うのならば、指先ではなく、手の平を充てるだけでも良いです。

 

手の温かみを感じながら、吐いたときにみぞおちのあたりが緩んでいくようなイメージをしていきましょう。

 

〇健康法に絶対はない

今回ご紹介したのは、あくまで一つの方法にしかすぎません。

 

みぞおちを刺激するのではなく、背中~緩める方法。

 

肩甲骨周りから緩める方法。

手を刺激する方法など、様々です。

 

あなたにとって最適な方法を見出していきましょう。

 

健康法に絶対はありません。

 

これをしたら健康になる人がいる。

 

ということは、これをしたら不健康になる人もいるということです。

 

みんな心も体も違います。

 

あなたの心と体が喜ぶことは何なのか?

 

ラクになることは何なのか?

 

それを、基準にしてあげるとよいでしょう。

 

どれにするか迷ってしまうときは、、

 

「ちょっとだけする」

 

というのも大事です。

 

食べ物も実際に食べてみないと味はわかりませんよね?

 

もし、いろいろと迷うようでしたら、こちらから整えてください。

 

あるゆる健康法の中で、一番汎用性が高く、必要とされることです。

 

http://kinokatachi.com/shiseimerumaga2016/

 

読んでいただきありがとうございました!

 

今日も一日素晴らしい日になりますように☆

 


 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう