膝の痛みはご高齢の方に多いですが、
よく慢性的に膝が痛くなる方の動きとして
どんな特徴があるかと思いますか?

一番多い癖としては
太もも(大腿四頭筋のあたり)
力を入れて動いている方が非常に多いです。

 

よく整形外科に膝が痛いと
言って治療にいくと
レッグエクステンションのような

大腿四頭筋を鍛える動作を伝えられる
場合が非常に多いです。
「レッグエクステンション」⇧極楽トレーニング倶楽部さんのECサイトより

 

これも悪くはありませんが、
膝が痛い方は日常的な動作で
太ももに力を入れて動きすぎているので

筋トレのように、
力を入れる動作をしすぎると
逆に、筋肉が固くなり、

気血のめぐりが悪くなり、
余計に悪化する場合があります。

重さをつけずに、
ただ動かす程度に行えば
筋肉がほぐれ、

気血のめぐりが良くなり、
改善することも多いですが、
効率は悪いです。

改善するポイントは
主に3つです。

1 固くなっている筋肉をほぐすこと

2 関節の動きを良くすること

3 力を入れる動きの修正

 

このポイントは膝に限らず、腰痛や肩こりなども同じです。

 

基本的にはどの症状も
同じとなります。

 

膝痛で言えば

1は主に大腿四頭筋

2は股関節

3は足を上げる動作や歩き方

順番は順不同でも構いませんが、

1の固くなっている筋肉から
ほぐしてあげるた方が
変化を感じやすいです。

次回からは一つずつ詳しくお伝えしていきます。
読んで頂き、ありがとうございました


 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう