よく8時間寝るのがいい、または7時間がいいなど、○○時間寝るといいという事を聞くことがありますが、睡眠時間は人それぞれ違います。

深い睡眠に入ることで脳が休まり、成長ホルモンが一気に分泌されます。

睡眠は最初の3時間がしっかりと眠れていることが重要です。この時間帯にうまく眠れないと、どれだけ長い時間眠ったとしても深い睡眠には入れません。

最初の三時間がしっかりと途切れなくぐっすりと眠れることが大切になります。(深い睡眠の入り方はこちらを参考にしてください)

睡眠はどんなに短くても3時間以下に減らさない方が無難かと思います。

よく、睡眠のゴールデンタイムは22時~2時と言われているのでその時間に眠るといいと言われることもありますが、実際の睡眠のゴールデンタイムは最初の3時間で無理やり22時~2時の間に眠ろうとすると生活のリズムを崩す方もおられます。

睡眠は○○時間眠らないといけない、○○時に寝ないといけないなど時間に縛られるのではなく、それぞれのライフスタイルに合わせた睡眠の取り方が重要です。

深い睡眠に入ることで、

脳が休まる

成長ホルモンが一気に分泌される

深い睡眠は最初の3~4時間

 

何時間寝たとしても深い睡眠は最初の3~4時間くらいの間にしか訪れません。残りの睡眠時間は起きるための準備に入るため、浅い睡眠になっていきます。

そして、しっかりと起きるためにはコルチゾールというホルモンが大きな役割を果たします。

また、明日お伝えします。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
詳細はこちら

耳から上を冷やせば寝つきが良くなる

よく、布団の中で考え事をしていて眠れないという方が多いかと思いますが、考え事をしているときは脳は血流が集まり、温度が高い状態です。 脳も内蔵の一つなので、温度が上がると活発になり、考え事をしているという活動をしている状態…