最後までしないと気が済まない。

少しの狂いも許さない。

完璧にしないと許せない。

 

完璧ではないことがだめ。許せない。

 

それは攻撃的な意識。肩こりだけではなく、思考も硬くなる傾向があります。

 

完璧さを見据えることは大切ですが、できることに拘る必要はありません。

 

そこに向けて、進み続けることが大切です。

 

完璧さにこだわるからこそ、良い商品やサービスが生まれることもあります。でもすべての物事には陰と陽があります。必ず両極の結果が存在します。

 

いつも完璧な状態にこだわると肩こりにもなる

 

ようは、体がこわばりやすい状態です。

 

完璧でないとダメ。というのは、完璧でない状態を受け入れない、否定してしまっている状態です。

 

何かを否定するとき、面白いもので、呼吸が止まり、体を硬直させていることが多いです。

 

いつも、あれはダメ、これはダメという人の呼吸の動きをみると、大抵は浅くなっている。話をしていても早口。

 

という方が多いです。

 

特に、首や肩を緊張させてしまっています。

 

筋肉を収縮させているので、血管やリンパ管などが圧迫され、循環が悪くなっていきます。

 

そうすると、栄養や酸素が運ばれず、コリや痛みとなってあらわれてきます。

 

完璧さはこだわるのでなく、追求していくもの。

 

私は平塚や小田原などで気功・ヨガを通じて、肩こりや腰痛の改善を仕方をお伝えしています。

 

どうするれば、よりよくなるか?
もっと確実にするには?
もっとわかりやすくするには?
もっとらくになるには?

 

と、常に試行錯誤しながらしています。これで完璧と思うことはありません。

 

これで、完璧!と思った瞬間に成長がなくなってしまいます。

 

どんな仕事でも、日常生活でのコミュニケーションもそうかもしれません。必ず相手がいます。

 

相手の方は、完璧さを求めているのではなく、悩みを解決してほしい。欲求(喜び、承認など)を満たしてほしいのです。

 

その時々に、出来ることを行い、改善していくこと。

 

たとえ、うまくいかない、出来ない感じがしても、大丈夫です。

 

次のステップに必ず繋がります。

 

完璧さを追求しつつ、出来ないプロセス(成長)を楽しめる事。

 

「完璧さにこだわる」というのは、、、

 

完璧な状態でなくてはいけない。完璧でないものを否定してしまっています。

 

完璧さを追求するというのは、失敗やできないことを受け入れ、自分の糧にしている状態。

 

完璧にできなくてもいいのです。焦る必要はありません。

そこには、変化する喜び。成長する喜びがあります。

 

完璧さを追求しつつ、出来ないプロセス(成長)を楽しめる事。

 

そうすると、仕事の質やサービスの向上、自己成長もしながら、リラックスできることでしょう。

 

肩の力も抜け、筋肉が緩み、循環がよくなります。そうすると、首肩こりの解消にもつながります。

 

そうはいってもうまくいかないという方は、からだがから調えていきましょう。

 

からだの力も抜けてくると、気持ちもゆったりとしていきます。まずはこちらを調えていきましょう。
からだの力を抜くために必須なことです。

 

http://kinokatachi.com/shiseimerumaga2016/

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 

今日も一日素晴らしい日になりますように☆

 


 

 

 

 

 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう