もし眠っている間に痩せる方法があったら、

あなたは試してみたいですか?

 

そのやり方は一つです。
その方法は深い睡眠を取ることです。

当たり前の事と思う方もいるかもしれませんが、
何より大切なことです。

結論からいうと、眠りが浅い方は太りやすくなります。

 

更に、
疲れやすい、やる気が出ない、だるいなど
睡眠は心や身体に大きな影響を与えていきます。

 

眠っている間に
成長ホルモンが分泌されています。

 

成長ホルモンは

筋肉・骨格の成長や修復

脂肪の分解

病気への抵抗力

 

などの役割があります。
この成長ホルモンは睡眠が深くなることで
分泌量が増えていきます。

 

ですので、睡眠が浅いと
脂肪が分解されないため
太りやすい体質になりやすくなります。

 

人生の約3分の1は眠っています

 

睡眠の深さがダイエットに影響を与えるだけではなく、
あなたの人生の大きな影響を与えていきます。

 

深い睡眠が取れることで

成長ホルモンが多く分泌される

記憶力が上がる

ストレスが除去される

やる気がでやすくなる

疲れが取れやすくなり、一日の動きが快適に

 

深い睡眠を取るために深部体温が関係してきます。
深部体温が下がることで深い眠りに入ります。

◯深部体温を下げていくための日々の過ごし方のポイント

①起床から11時間後は眠らない

②起床から夕方は体温を上げる(歩く、ストレッチなど)

③就寝1時間前に体温を上げる(ストレッチ、呼吸法などゆったりとした動作。筋トレのようなものをすると交感神経が過剰になり眠れなくなる)

より詳しくは下記の記事に記載されています。

 

深部体温が下がるとよく眠れるー深部体温リズムー

深い睡眠を取るためには
起きている時の
行動が大切です。

夕方あたりに軽い運動をしたり、
就寝1時間前にお風呂に入るなどをすることで、
深い睡眠に入りやすくなります。

睡眠の質が上がると
脂肪が分解するだけではなく、

あなたのQOL(クオリティオブライフ)の改善・向上に繋がり、
心も身体もお気楽に過ごすことができます。

睡眠の質を上げるための行動をしてみませんか?

読んで頂き、ありがとうございました。

 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう