ゴルフのスイングで、肩に力が入るのはなぜ?

タイガーウッズ、、、

彼のようにスイングが出来て、ボールを飛ばせて、コントロールが出来ればどんなに気持ちが良いだろうか。

 

沢山真似をして、鍛錬していくことが大切ですが、タイガーウッズに限らず、プロの方のように振ることはなかなか難しいです。

 

特に中年から始めた方はそうでしょう。

 

好きだけど、なかなか上達しない。ついつい肩に力が入ってしまう。

 

そんな風に感じる方には、ある特徴があります。その特徴が変化しないから、スイングに力が入ってしまうとも言えるでしょう。

 

それは、、、

 

「姿勢の崩れ」

 

姿勢を整えているようで、整っていない方が非常に多いのです。

 

姿勢が崩れると、なぜ肩に力が入る?

 

猫背、反り腰、がに股、内股、気をつけの姿勢、、、どんな崩れ方をしたとしても、肩に力を入れて過ごしやすくなります。

 

姿勢が崩れるということは、体の一部分に余計な緊張を生み、使用する筋肉が偏っている状態のことです。

 

現代人に多い、猫背の姿勢。顎が前に出ている状態は、頭の重さを首肩の筋肉で支え、緊張しています。

 

常に首肩が緊張しているので、力を抜くことが出来ません。抜くとを頭の重さを支えることが出来ないからです。

 

姿勢が崩れた状態で、力を抜こうとするのは、ただだらけているだけで、力を出すことは出来ないでしょう。

 

姿勢が整うと?

 

正しい位置に顎を戻してくると、頭の重さを首肩の筋肉で支えるのではなく、お腹や腰の筋肉で支えることが出来ます。

 

そうすることで、首や肩の筋肉の緊張が取れ、力を抜くことが出来ます。
姿勢を整えるこということは、無駄な筋肉の緊張を取り、必要最低限の力で姿勢を保つことが出来るため、力を抜くことができるのです。

 

力を発揮するには力を抜くこと。

力を発揮するためには、力が抜けていることが非常に大切です。

 

力を入れると、力は外に出ません。
力を抜くから、力を出すことが出来ます。

 

スイングをする時、硬い棒のように固めていると、ボールは飛びません。
でも、ムチのようにしなやかにしてくることで、ボールが飛んでいきます。

 

力を抜くためには、ただ「肩の力を抜こう」「抜こう」と考えるのではなく、まずは姿勢を整えてあげてください。

 

姿勢が整うと、重心が下がります。そうすると、肩の力が抜けやすくなります。

 

下半身が安定するから、上半身が自由になるのです。

 

日頃から姿勢を整えることを意識していきましょう。

 

是非、実践してみてください(^^)

 

読んで頂きありがとうございました!

 

実際の姿勢を整えたい方はこちらへ⇓
http://kinokatachi.com/shiseimerumaga2016/

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

力が抜けて楽になる気功

動画レッスンはこちらへ
Copyright 2017 気のかたち