あなたは靴を脱いだ時、腰を落としてきれいに並べていますか?

 

それとも脱ぎっぱなし?足で揃える?

 

脱いだ後の行動により心とからだの状態は変化していきます。

 102639

実際に脱いだ後、その場で自然に立ってもらうとからだの感覚が違います。

 

脱ぎっぱなし、適当に並べてからその場で立つと重心が上がり、からだが硬くなりやすくなります。

 

実際にその場で誰かに押してもらうと分かりやすいかと思います。

 

フラフラして弱い状態になっているのを感じれます。

 

ですが、腰を落としてきれいに並べるてから立ってもらうと変化しています。

 

重心が下がり、安定感が生まれています。

 

感覚が良い方は違いを良く感じるかと思います。分かりづらい方はだれかに押してもらうと違いを感じれます。

 

押してみると、重く安定していているのを感じれます。

 

最終的な「立つ」という行動は同じでも、プロセス(靴を並べる)の違いにより結果が変化していきます。

 

なぜ変化するのかというと、ひとつは腰を落とすという行為が股関節、ひざ関節を緩めて曲げて行うからです

 

その結果、股関節が緩み、重心が下がりやすくなります。

 

また、立ちあがるときに足腰の力が使われるので足腰が強くなります。

 

要は靴を綺麗に並べるという行為をすることで、膝の屈伸運動とスクワットのような効果が出やすくなります。

 

もうひとつの理由としては、靴をしっかりとみて並べるからです。

 

意識が靴へ行く事で、身体の力が抜け重心が下がります。その結果身体は強くなっていきます。

 

これも誰かに押してもらうと違いが感じれるかと思います。

 

躾の中で靴を脱いだら並べることを言われたことがあるかもしれませんが、「躾」は「身」を「美」しくすると書きます。

 

それは見栄えをよくするためだけではなく、あなた自身の心とからだを整える為にもなります。

 

また、靴を綺麗に並べた玄関はよい運気が入ってくるとも言われています。

 

靴を綺麗に並べることで、

股関節、膝関節が緩む

足腰の力がつく

重心が下がることで胆力がつき、ストレスに強くなる

家に運気が入りやすくなる

 

あなたをいろいろな場所に運んでくれる靴を優しく勞ってあげませんか?

 

読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう