もし、いつもイライラしている。誰かに対して、何かに対して怒っている。。。

それは、慢性的な肩こりを生んでいるとお考えください。

その肩こりは、ただ肉体をほぐすだけでは変わらないでしょう。

根本となる、いらいらを解消していくことで、慢性的な肩こりが解消していきます。

 

イライラするとなぜ、肩がこる?

 

いかり肩という言葉があるように、イライラと肩こりは連動しています。

 

ある意味セットで起こると考えてもいいかもしれません。

 

生理学的にイライラしている状態は、、、

  • 交感神経過剰
  • 血圧が上がっている
  • 脳波は緊張状態のベーター波
  • 呼吸が浅い
  • 筋肉が緊張

 

などがあげられます。

 

また、東洋医学的にいえば、、

 

肝の気が滞っています。

「肝」は気持ちや感情を司るところです。

肝気鬱結(かんきうっけつ)などと言ったりしますが、肝が抑圧をされています。

 

春先にイライラする人が多いと言われるのは、肝の気が滞っていることで起きています。

 

頭に血が上っている状態です。

 

肩にも力が入り、緊張していきます。

 

イライラは力が入りやすい状態です。

 

イメージしてみてください。肩の力が抜けて、リラックスししているときは、イライラしませんよね。

 

でも、、、、力が入り緊張状態だと肩の筋肉が締まり、脳へ血液(栄養、酸素、熱)が運ばれていきません。

 

イライラしているときは、脳が酸欠のような様態です。

 

血液が巡っていない状態。また呼吸が浅くなり、自律神経が乱れている。そのためにイライラしてしまいます。

 

 

いらいらを解消するためには?

 

生理学だろうと、東洋医学であろうと、どちらにしろ頭に血が上っている状態を解消する必要があります。

 

力が抜け、呼吸が自然と深くなることで、イライラが減っていきます。

 

特にいらいらをしているときに大事なのが、呼吸です。

 

呼吸を落ち着かせてすること。深くすることがとても重要となります。

 

いらいらが落ち着かないときは以下のことをしてみましょう。

①腰を立て座る(椅子でも、正座でもOK)

②目を瞑る、もしくは半眼

③呼吸の動きを観察する
・鼻から入った空気が喉を通り、肺に入り、お腹に落ちてくる流れ
・お腹から肺、喉、鼻へ空気の流れを感じていきましょう。

④5分繰り返す

⑤お腹に大きな呼吸を入れてからゆっくりと目を開ける。

 

内臓の働きをコントロールしているのは、自律神経です。

 

肺は唯一自分でコントロールできる内臓です。

 

呼吸をゆったりと静かに観察することで、副交感神経が優位になり、気持ちが落ち着いていきます。

 

また、イライラしていないときにでも日々繰り返し行うことで、、、

 

いらいらが生まれない状態へだんだん移行していきます。

 

ぜひ、日々繰り返し実践してみてください(^^)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

今日も一日素晴らしい日になりすように☆

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう