最近、左右開脚の本が大分売れていましたが、

現代人は体の堅い方がとても多いです。

 

椅子に座りっぱなし。

歩かない。

スマホ、PCなどで前かがみの生活。。。

 

色々とありますが、

基本的に現代人は運動不足です。

 

体を動かさないと、関節や筋肉は緊張し、

筋膜は癒着し、体が固くなります。

 

人も「動物」です。

「動」く「物」が動物です。

 

動かなければ、

どんどん固くなってしまうのが体です。

 

更に、、、

 

体が固くなると、思考も固くなりやすい。

 

といったら信じますか?

 

体固くなるということは、

 

・姿勢が崩れている

・気・血液・水(リンパ、脳脊髄液等)の循環を悪くする

・自律神経の働きが乱れやすい

 

なりやすく、そのために

イライラや集中力欠落、疲れやすい、

視野が狭くなる、だるい、やる気が出ない

 

といったことが非常に起きやすくなります。

 

だからこそ、

体が柔らかくなることはとても大切です。

 

体が軽やかになることは勿論のこと、

柔軟な発想や思考も生まれてきます。

 

では、具体的にどのように柔らかくなっていくのか?

 

いきなり柔軟はしないで、

まずは体をほぐしていきましょう。

 

固まっている筋肉を緩めてから

運動(柔軟)をしていくと、

 

より安全に、より確実に、、、

 

体が柔らかくなりやすいです。

 

具体的なほぐし方についてはまた次回。

 

読んで頂きありがとうございました!

 

今日も一日、充実した日が送れますように☆

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう