トイレで「力む」と余計に出ない事は知っていますか?

トイレで5分以上入っていたとき、

ときに力んで入ってます?

それともゆったとしながらしていますか?

 

中々便がでないからと言って余計力むと便が出にくいです。

 

便の状態はとても大切です。

 

腸からのお便りですが、

便状態が内蔵、特に腸の状態を教えてくれています。

 

もし、

便を出すときにいつも「力んで」出していたら

どうなると思いますか?

 

力むとは肛門をキュ!と閉める動作です。

 

主に、骨盤底筋群を活用しています。

 

手で例えるとイメージがしやすいかもしれません。

 

手にギュッと力を入れて動かすとバンザイがしにくいですよね?

 

肛門も同じです。

 

ギュッと力んでいると、腸の蠕動運動が上手くできず、ウンチが中々出ません。

 

交感神経も過剰になり、腸が動きにくくなります。

 

腸は副交感神経が優位になることで

動きが良くなっていきます。

 

いつでもスルッと、心地よく出したい方は、

ギュッと締めるのではなく、

 

緩めながら出していくことです。

 

トイレは頑張る場所ではありません。

リラックスする場所です。

 

緩めながら出していきましょう。

 

便が上手く出ない方は、

腸内環境を良くし、腸が動きやすいように

お腹を柔らかくしていく必要があります。

 

発酵食品や食物繊維を摂取し、

運動をしましょうということです。

 

ただし、

運動は筋トレのようなものをしすぎると

逆効果になること多いので

気をつけてくださいね(^^)

 

呼吸法や腸マッサージをすると出やすいですよ。

詳しくはメルマガを御覧ください。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

今日も一日素晴らしい日になりますように☆

 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

力が抜けて楽になる気功

動画レッスンはこちらへ
Copyright 2017 気のかたち