歩くとき、あなたはどこを見て歩いていますか?

 

前?下?上?

 

歩いているときの視線は一点を見ないことです。全体を俯瞰するように観ることが大切です。

 

車の運転もそうですが、一点だけを見ていると、そこにばかり意識がいき視野が狭くなります。

 

そうすると、転びやすくなったり、ぶつかり易くなったりします。

 

一点を見るのではなく、全体をぼんやりと眺めるように観ると視野が広くなります。よくわからない方は遠くを観ると良いかと思います.

 

もっと突き詰めたい方は、後ろにも目を持っていくとよいです。前に進みながらも後ろの状態を感じていきます。

 

イメージとしては360度を感知するレーダーのような感じです。(スポーツ選手など身体機能を高めたい方向け)

 

視野が広がると、危険を回避しやすくなるだけではなく、物事の考え方の視野が広がりやすくなります。

 

心とからだは繋がっています。心が変化すればからだが変化し、からだが変化すれば心が変化します。

 

歩くときに視界を広げることで、視野の広い考えができる心を養っていきませんか?

 

読んで頂きありがとうございます。

 

 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう