股関節の緩め方は色々とありますが、ここでは歩く前に簡単に出来る動作をご紹介したいと思います。

左右の動作です。青い矢印は力を入れる方向です。

 

横2

右手で腰を押して、左の腰を押し出す。右足の内側が伸びるの感じましょう。

 

 

横1

左手で腰を押して、右の腰を押し出す。左足の内側が伸びるのを感じましょう。

 

 

続いて前後の動きです。まずは前です。矢印は伸びる力の方向性です。

前

姿勢が真っ直ぐのまま、股関節から曲げてお辞儀します。この時にお尻が後ろへ行きすぎないように気をつけます。姿勢が真っ直ぐのまま行けるところまで行きます。

頭の頂点とお尻が前後に引かれあうように伸展します。(青い矢印)

足は大地を押し下へ、お尻は上に(赤い矢印)

 

 

注意点は下の写真のように、お尻が後ろに行き過ぎたり、背中が丸くならないことです。効かないわけではありませんが、効果が下がります。

✖

姿勢を真っ直ぐにすることがどうしてもきつい方はこれでも構いません。ここから段々真っ直ぐにしていかれるといいかと思います。

 

 

今度は後ろです。

後ろ

両手を骨盤にあて、後ろから骨盤を前につき出すように押します。太ももの付け根の辺りが伸びてくるのを感じましょう。

この時に、骨盤を前につき出すのではなく、からだを後ろに倒して伸ばそうとすると腰に負担がかかるので気をつけます。

 

 

股関節をほぐした後に、もも上げをしてみると脚が上がりやすくなっているのを感じるかと思います。歩いてみると脚がスムーズに出やすくなっています。

 

股関節が硬いと脚を上げた時に姿勢を丸くしないと上がりません。股関節が緩むことで骨盤がスムーズに動き姿勢が崩れないで上げることができます。

歩く動作は骨盤が動くことで歩けますが、股関節が硬いと骨盤の動きを妨げ、余計な力を入れて動くことになり歩く動作を妨げます。

骨盤調整をしても、股関節を緩めていかないとまた元の状態に戻りやすくなります。

ウォーキングなどをするときはいきなり歩き出すのではなく、股関節を緩めてから歩くことで質が上がり、体の負担を軽くしてくれます。

まずは股関節を緩めましょう。

読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう