駅の階段を登るとき、

やたら足が疲れる、、、

 

とくに太ももの辺りが

疲れることはあります?

 

それとも

お腹が動いていますか?

 

駅の階段を登るとき、

ちょっとした体の使い方で、

疲れ方が大きく変わっていきます。

 

最近見ていると、

エスカレーターを利用する方は

若い方のほうが多い印象です。

 

階段を登るときに

自然と太ももを利用してしまいます。

 

そうすると、

太ももが疲れやすく、息切れもしやすいです。

ひどい方は膝痛を起こしやすくなります。

 

更には、ちょと遅い感じです。

 

でも体の使い方によって、

疲れにくい、痛めにくい、

軽やかに階段を登りやすくなります。

 

やり方はいくつかあるのですが、

第1段階として、お腹が活用できるになること。

 

インナーマッスルの代表格として

よくあげられる腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)を活用することです。

 

 

腸腰筋というのは、背骨の胸椎12番(みぞおちの辺り)から

大腿骨の内側の方に向かってついている筋肉です。

 

上半身と下半身をつなぐ大切な筋肉なのですが、

これを活用している方がとても少ないです。

 

動いていなくはないのですが、

階段を登るときに、この筋肉を活用せずに、

ふともも(大腿四頭筋)を活用して

足を上げている方がとても多いです。

 

本来、

太ももは膝を伸ばすための筋肉です。

脚を上げることがメインの動きではありません。

 

疲れ、腰痛、膝痛、冷えからむくみ至るまで、

様々な症状は力の入れすぎ、

動きのくせにより生み出されていきます。

 

とくに、

慢性的な痛みや疲れは

その傾向が強いです。

 

力が入りすぎて、疲れやすい方は

動きの癖を見直すこと

とても大切なことです。

 

階段を登るときは

お腹(みぞおちの辺り)から引き上げるようなイメージ。

 

または、

抜くようなイメージで動くのも良いでしょう。

 

出来るできないではなく、

やろうとすることで、体は変化していきます。

 

勿論、心もです。

 

日々のちょっとした、

当たり前の積み重ねで心と身体は構築されていきます。

 

いつもでも若々しく過ごしていきたい方は

ぜひ実践してみてくださいね(^^)

特にコチラから実践すると、
お腹の動きがよくなります。

最も基本的で、
最も大切なものです。


http://kinokatachi.com/shiseimerumaga2016/

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう