資料請求ボタン問い合わせボタン

導入イメージ

朝、昼、夕方、夜、それぞれの時間帯に適したプログラムを行うことで、効果を最大限にすることが可能です。
気功的朝型勤務サポートでは、どのような就業パターンでも、少しの空き時間を活用して、
社員様の健康をたすけ、能率向上できる体制が整っています。

、行う場合週に一度、朝の時間は社員様への健康投資の時間。

donyu-img1-01
朝の運動では、眠っていた身体を起きるように伸びやかに身体を動かしていきます。
身体の動きが良くなり、頭が冴えて自律神経の働きが整ってくるため、
・作業効率・生産性の向上
・疲れないからだ
・うつ病対策

に繋がっていきます。
朝の伸びやかな運動は一日のリズムがつくりやすくなるのでオススメです。

、行う場合昼食後に軽めの運動で、心地よい仮眠に繋げていきます。

donyu-img2-01
食後に軽めに運動を入れ消化を促し、仮眠効果(5分〜15分)もある瞑想を行います。
椅子に座っても出来るもので、
・脳の疲労をとる
・午後の作業能率の向上
・寝不足からくるヒューマンエラー予防

に繋がっていきます。

夕方、行う場合疲れを一度リセット、残業がある方の作業能率を向上。

Reset concept with vintage businessman and calculator at office定時終了後に深部体温を上げていく気功を行い、骨格を整えていきます。

夕方の時間帯に深部体温を上げると、
・深い睡眠のとりやすさ
・ゆがみを解消して疲れをリセット
・うつ病予防

に繋がっていきます。

、行う場合業務終了後に、一日の疲れを解消してリフレッシュ!

donyu-img4-01
今日の疲れは今日のうちに取り除き、明日からのお仕事に備えていきます。
・心と身体を元気にする睡眠
・やる気が生まれる睡眠
・充電する睡眠

に変化します。

業務時間の区切りごとに、それぞれの時間帯に適した導入イメージをご紹介しました。気功的朝型勤務サポートで、より元気で健康な社員様をつくる一助ができればと思います。

 

"御社の生産性向上と健康問題、気のかたちにサポートさせてください。